SoftBank光で、おうち割適用のために必要なオプション契約はどれ?

おうち割のためには合計3つのオプションの契約が必要

SoftBank光とソフトバンクの携帯(タブレット)をセットで使うことで割引のあるおうち割ですが、適用のためには合計3点のオプションの契約が必要になります。
このオプションの単体それぞれは料金が高いものもありますが、このオプション3点についてもセットでの割引があり、一番安いオプション3つを組み合わせれば月額500円で指定のオプション3点を利用することができます。

ちなみに、おうち割はSoftBankと提携している他のインターネットサービス(例えば、NURO光など)にもありますが、「どのオプションを契約していないとおうち割が適用されない」というのは各インターネットサービスによって異なります。上記の合計3点のオプションの契約が必要というのはSoftBank光の話ですのでご注意下さい。

どんなオプションを契約しないといけない?

おうち割適用のためには以下オプションへの申し込みが必須となります。

  1. 光BBユニット
  2. Wi-Fiマルチパック 又は Wi-Fi地デジパック
  3. ホワイト光電話 又は 光電話(N)とBBフォン 又は BBフォン

※1.2.3のそれぞれから一つずつ、合計3つのオプションへの加入が必要となります。

つまり、ルーター(光BBユニット)・Wi-Fi(無線LAN)・固定電話の契約が必要になるというわけです。
(例えば、光BBユニット、Wi-Fiマルチパック、ホワイト光電話、と合計3つの契約、と言う形です。)

1番目の光BBユニットは共通で必須となっていて、高性能なルーターです。
2番目のWi-Fiマルチパックはこの光BBユニットに無線LANの機能をつけるもので、Wi-Fi地デジパックはさらに地デジのTVを見る機能を付けたもの(無線LANも使えます)です。
3番目の3つはそれぞれ固定電話のオプションで、現在のNTTの固定電話番号を引き継ぐ場合は光電話(N)を使うことになります。
重要なポイントは、固定電話を実際に使う使わないに関わらず、固定電話の契約だけはしないとおうち割が適用されないということです。
本当に固定電話が必要であればもちろん問題無いのですが、おうち割の割引金額は大きい場合が多いので、+500円を支払いしてもまとめて見るとお得になることが多いでしょう。

ちなみに、3番目の選び方でどの電話オプションを選択しても一番安いパターンの選び方では1~3番まで合わせて500円となるので、その点は心配しなくても大丈夫です。

それぞれのオプションの詳細については各オプションの説明ページをご覧下さい。
光BBユニット
→ Wi-Fiマルチパック、Wi-Fi地デジパック
→ ホワイト光電話
→ 光電話(N)
→ BBフォン

おうち割適用条件オプションの月額料金

上で最安月額500円で合計3つのオプションが契約できると書きましたが、どの契約プランを使うかで提供料金が異なる場合があります。

スマート値引きを適用する際にSoftBank光で契約が必要となるオプション

スマート値引き適用に必須となるSoftBank光のオプションの3点セットでの値段

「電話の契約プランによってオプションの合計金額が変わってくる」とイメージして頂ければいいかなと思います。
基本プランαやだれとでも定額、光電話エースは、無料通話やナンバーディスプレイなどのオプションがセットになったパッケージです。
おうち割と関係なく、ナンバーディスプレイ(着信の番号を表示するサービス)などを利用すると別途利用料金がかかりますので、特別損をするということはありません。

ご相談・お申し込み

WEB問合せ24時間受付中!

光コラボレーションの申込み 光コラボレーションの問合せ

電話でのご相談・お申込も
受け付けております。

光相談窓口:

電話お問い合わせ:
0120-961-341

電話お問い合わせ:
0120-961-341

受付時間:10:00~21:00

SoftBank光(ソフトバンク光)の光コラボレーション So-net光(ソネット光)の光コラボレーション

その他キャリア

NURO光
ページ上部へ戻る