OCN光とフレッツ光、他の光コラボを比較!メリットとデメリットは?

OCN光の一番のメリットは、基本の利用料金が安いこと!

OCN光の一番のメリットと言えば月額利用料金が光コラボの中でも最安値クラスだということでしょう。
OCN光への転用や新規契約時にかかる事務手数料や工事費なども実質無料なので、安さを求める人向けの光コラボでしょう。
ですのでフレッツ光よりは転用すると例外はありますが基本的に月額料金はおトクになります。
フレッツ光とOCN光マンションタイプ(集合住宅)の料金比較
フレッツ光とOCN光ファミリータイプ(一戸建て)の月額料金比較

携帯とのセット割だったりを考えるのがめんどくさい!携帯にキャリアも変わるかもしれないし!という人には一番良い選択肢かもしれません。

逆に言うと、au携帯やSoftBank携帯を使っていて、キャリアの変更予定もない場合ではそれぞれSo-net光やSoftBank光の方がメリットは大きい場合が多いかも、というところですね。
光コラボレーションの回線自体はどれもフレッツ光なので回線品質は変わりませんから、月額料金にこだわるのは当然とも言えるかと思います。

OCN光に限ったことではありませんが、少なくともよく分からないからフレッツ光のままにしておく、という選択肢は一番良くないと思います。
よく分からないのなら基本料金が安いOCN光やU-NEXT光を選べばいいんじゃないでしょうか。

OCN光と他の光の月額料金を、実際に比べてみた!

では、OCN光の月額料金をフレッツ光やその他の光コラボレーションモデルと比較するとどうなるのでしょうか?

まず、最初に注意しておかないといけないのは、OCN光の利用料金は最初の1年間さらに割引が効いていて安くなっているということです。
OCN光の利用料金は最初の1年間がマンション3,450円、ファミリー(戸建て)4,600円ですが、翌年(13か月目)からはマンション3,650円、戸建て5,100円となります。
このマンション3,400円、ファミリー(一戸建て)5,100円は「2年自動更新型割引」と「早期お申込み割引キャンペーン」の2つを適用した時の月額料金です。
フレッツ光のように回線の速度やマンションの大きさによって月額料金が変わってくるということはありません。
ちなみに割引やキャンペーンと書いていますが、基本的には申し込んだ人全員に適応されるプランだと思っていて大丈夫です。

この二つの割引のうち、早期お申込み割引キャンペーンは1年間限定で「マンションタイプは月額200円を割り引く」・「ファミリータイプは月額を500円を割り引く」というキャンペーンのため、利用開始から1年間がたつとキャンペーンが終了して月額料金がマンション3,600円、戸建て5,100円になるというわけです。

ただし・・・1年たって割引がなくなったとしても、OCN光が光コラボの中で最安値クラスだということは変わりません。

月額利用料金の比較表
種類 マンション 戸建て(ファミリー)
OCN光 3,400円
(3,600円)
4,600円
(5,100円)
SoftBank光 3,800円 5,200円
So-net 光 4,100円 5,200円
U-NEXT光 3,910円 4,980円
ビッグローブ光 4,080円 5,180円
フレッツ光 4,850円 5,700円
NURO光 4,743円

表で見て頂いたら分かりますように、戸建てタイプ以外では早期お申込み割引キャンペーンが終わった後でもOCN光が一番安くなっています。
※NURO光は光コラボではありませんので単純比較はできませんが、性能の良い光ですので利用が可能なエリア(関東エリア)で戸建ての方は検討してもいいかもしれません。

※全て税抜きでの比較です。
※それぞれ代表的な料金の場合(2015年3月15日時点)です。利用環境などによって月額料金は異なる場合があります。

OCN光とOCNモバイルONE(SIM)のセットでOCN光モバイル割

OCN光は携帯とのセット割はありませんが、OCNが販売しているOCNモバイルONE(SIMカード)とのセット割(OCN光モバイル割)があり、SIMの利用料金が月額200円割引となります。
さて、安くなること自体は問題ないのですが、これは果たして安いのでしょうか?

まず第一に、フレッツ光の場合はこのようなSIMカードとのセット割はありませんので、フレッツ光と比べた場合にメリットであることは間違いありません。

次に他にSIMカードとのモバイル割がある光コラボとの月額料金の違いについてですが、
OCNモバイルONEで月4Gまで使える+通話が可能なSIMカードを使うと、月額利用料金は700円+1,100円から200円割引で1,600円となります。
月に7G制限+通話のSIMの場合は700円+1,450円から200円割引で1,950円です。
※OCNの公式ページには、OCNモバイルONEの月額料金割引には固定電話の契約が必要になるような書き方がしてありますが、調べた範囲では必要ないようです(2015年3月15日時点)。

では、同様に割引のあるU-NEXT光とU-mobile(SIM)のスーパーファミリーバリューの場合と比較してみましょう。
(下記の料金は、SIMの料金と固定回線の金額を合わせて比べています。)

月額利用料金の比較表(マンション)
SIM枚数
(携帯台数)
OCN光+OCNモバイルONE スーパーファミリーバリュー
1台 5,350円(7G制限) 6,390円(無制限)
2台 7,300円(7G制限) 8,730円(無制限)
3台 9,250円(7G制限) 10,730円(無制限)

上の表から見ると、7Gを超えて使うようでなければOCNモバイルONEの方がお得そうですね。
(OCNモバイルONEの場合、1年経過後は+200円)
一方、OCNモバイルONEは現時点で使用料無制限というSIMプランは無いようなので、スマホでずっとYouTubeや動画を見ているという人はU-mobileもアリかと思います。

OCN光のデメリットは?

OCN光の一番のデメリットは、上にも書きましたが携帯キャリアとのセット割が無いというところでしょう。
携帯とのセット割が適用できる人はOCN光の月額料金より安くなる場合がほとんどでしょうから、料金的なメリットは無くなってしまいます。

次に、マイナスポイントとは言いにくいかもしれませんが「フレッツ光 + OCN(OCN with フレッツ光)」で使っている人は「自社転用」となりキャッシュバックの金額が少なく(1,000円)なってしまいます。
フレッツ光でプロバイダにOCNを使っている人は多いでしょうから、自分がOCNを使っているという人は一度考えてみてもいいかもしれません。

ご相談・お申し込み

WEB問合せ24時間受付中!

光コラボレーションの申込み 光コラボレーションの問合せ

電話でのご相談・お申込も
受け付けております。

光相談窓口:

電話お問い合わせ:
0120-961-341

電話お問い合わせ:
0120-961-341

受付時間:10:00~21:00

SoftBank光(ソフトバンク光)の光コラボレーション Marubeni光(Mひかり)の光コラボレーション OCN光の光コラボレーション U-NEXT光の光コラボレーション So-net光(ソネット光)の光コラボレーション
ページ上部へ戻る