光コラボに転用すると、メールアドレスは変わる?

現在のプロバイダのメールアドレスは使えなくなる

フレッツ光から光コラボに転用(乗換え)するのにともなって、プロバイダーは変更となります。
従って、基本的には現在のプロバイダのアドレスは使えなくなるので注意が必要です。

転用するとフレッツ光の回線はそのまま使いますが、プロバイダは各光コラボ事業者によって違うので、プロバイダの部分のサービスは変わってしまうわけですね。

もちろん、転用してもプロバイダが変わらない場合はそのままメールアドレスを引き継いで利用できます。(例えば、フレッツ光でプロバイダにSo-netを利用中の人がSo-net光コラボレーションに乗換える場合)
(※このように、転用先のコラボ事業者のプロバイダーを元々使っている人が転用することを「自社転用」と呼びます。)

転用してもメールアドレスが変わらない場合

  • So-net → So-net光コラボレーション
  • OCN → OCN光
  • U-pa! → U-NEXT光
  • BIGLOBE → ビッグローブ光
  • Yahoo!BB → SoftBank光

もちろん、gmailやhotmail、exciteメールなどのフリーメールはプロバイダーと関係がありませんので転用後も引き続きご利用いただけます。
自分の使っているメールアドレスがプロバイダーのものか分からないという方のために、下にメールアドレス一覧をのせているので、確認してみて下さい。

プロバイダを「メールコース」に変更すれば現在のアドレスを残せる

光コラボに興味があっても、メールアドレスが変わってしまうとなると少し躊躇する方も居ますよね。
「光コラボレーションに転用したいけど、仕事でメールアドレスを使っているから変えたくない!」
そんな方も多くおられると思います。

そんな方のために、各プロバイダーは「メールコース」という契約プランを用意しており、利用料金を引き下げてメールアドレスのみを残すすることができます。
メルアド残しの裏技!のような形で紹介されていることもありますね。

メールコースの料金はおよそ200円~300円ぐらいなので、光コラボとフレッツ光の料金を考えるとメールアドレスを残したいという人でも転用のメリットは大きいのではないでしょうか。

メールコースはプロバイダごとに名前や料金が違ったり、一部ではメールコースの設定がないプロバイダもあるので下にまとめさせてもらいました。

各プロバイダー事業者のメールアドレス、メールコース一覧

プロバイダ事業者 名称 メールアドレス 月額料金
OCN バリュープラン @xxx.ocn.ne.jp 240円
Plala(ぷらら) ぷらコミ0 @xxx.plala.or.jp 200円
@Tcom メールコース @xxx.t-com.ne.jp 300円
SANNET ダイヤルアップコース @xxx.sannet.ne.jp 300円
BB Excite BB.exciteメール @xxx.bbexcite.jp 380円
BIGLOBE ベーシックコース @xxx.biglobe.ne.jp 200円
@nifty @nifty基本料金コース @nifty.com 250円
WAKWAK プチ @xxx.wakwak.com 200円
au one net
(旧 DION)
ミニミニコース @xxx.auone-net.jp 250円
Toppa! メールコース @hb.tp1.jp 350円

※上記の表で、メールアドレスのxxxとなっている部分はサブドメインです。
プロバイダから自動的に割り振られる英数字、又は契約のときにいくつの中から選ぶ英数字です。

※Yahoo!BBはメールコースがありません。
※Toppa!は2013年以降に新規契約した場合はメールコースに変更できません。

ご相談・お申し込み

WEB問合せ24時間受付中!

光コラボレーションの申込み 光コラボレーションの問合せ

電話でのご相談・お申込も
受け付けております。

光相談窓口:

電話お問い合わせ:
0120-961-341

電話お問い合わせ:
0120-961-341

受付時間:10:00~21:00

SoftBank光(ソフトバンク光)の光コラボレーション Marubeni光(Mひかり)の光コラボレーション OCN光の光コラボレーション U-NEXT光の光コラボレーション So-net光(ソネット光)の光コラボレーション
ページ上部へ戻る