光コラボレーションにフレッツ光から転用するメリットは?

フレッツ光より月額料金が安くなる

まず光コラボの大きなメリットは、フレッツより利用料金が下がるということでしょう。
他のセット割などのメリットも、殆どは「○○の場合はもっと月額料金が下がる」と言った点を打ち出しています。

光コラボの事業者によっては大きく料金が下がるものもあまり料金が下がらないものもあるので、当サイトのランキングなどを参考にしてみてください。

携帯と光コラボのセット割がある

2番目のメリットは光コラボレーション(固定回線)とケータイ(移動通信端末)とのセット割でしょう。
それぞれSo-net 光はauケータイ、SoftBank 光はSoftBank携帯と提携しており、セットで使うと月額料金から割引があります。
この携帯とのセット割、特にスマート値引きはとても割引が大きいので、SoftBank携帯を利用中の方は優先的に考えてもいいかもしれません。
So-net 光の場合はSo-net 光の料金、SoftBank 光の場合はSoftBank携帯の料金からの割引になります。

各光コラボ事業者の提供するSIMカードとのセット割がある

3番目にSIMとのセット割です。
まだまだ馴染みのないSIMフリー携帯とMVNO、SIMカードなどですが、使い方さえ理解すればとてもおトクに携帯やタブレットを利用することができます。

SIMカードとは携帯やスマートフォンが通信するために必要なICカードのことで、知らないうちに皆さんの携帯にもSIMカードが刺さっています。

詳しくはSIMカードとは?のページをご覧下さい。

このSIMカードとのセット割がある光コラボ事業者はいくつかありますが、代表的なものは「OCN光とOCNモバイルONE」のOCN光モバイル割と、「U-NEXT光とU-mobile」セットのスーパーファミリーバリュー(U-NEXT光&スマホコラボレーション)です。
現在SIMフリーの携帯を使っている・使うことを考えている人はこの二つの光コラボを考えてもいいかもしれません。
なお、OCNモバイルONEもU-mobileもdocomo携帯にSIMカードを挿して使うことができます。

その他の光コラボのメリット

U-NEXT光では自社サービスのU-NEXT(映像サービス)の提供、ビッグローブ光ではBIGLOBEのスマホ「うれスマ」が200円引きで使える、など各社打ち出しているメリットはありますが、料金以外のポイントは差別化する程には至っていないというのが正直な印象です。
今後もっと光コラボの事業者が生まれてきて、驚くようなサービスと固定回線のコラボレーションが生まれてくるのを期待します。

ちなみに・・・利用料金があまり下がらない(光コラボの中で比較的価格が高い)もので、さらに月額料金以外にも余りメリットの無い光コラボ事業者というものも、正直なところ存在するようにみえます(他の人から見て違う場合もある、というのは置いておいて)。
そのような光コラボの商品はどうやって売っているのかというと、すでに自社のお客さん、例えば事業者の他のサービスを利用しているお客さんであれば個人情報をその事業者が所持していますから、チラシを送ったり電話をかけたりする、すなわち他の光コラボの商品を目にする前に勧誘することで獲得してるんじゃないかなぁと。
一度フレッツ光から光コラボに乗り換え(転用)すると、次に光コラボから光コラボに転用はできませんから(一度解約して新規契約という形になる)先に転用さえしてもらえれば・・・というわけです。

もちろん自社の商品を勧めるわけですから、自社顧客を確保しているというのもマーケティングの一環ですし全くもって問題があるわけではありません。
正直、色んな光コラボの違いを調べて比較するのも手間ですから案内が来たものに申し込むというのも間違いではありません(フレッツ光より安くなる場合が多いわけですし!)。
でも、せっかくこのページを見て頂いているのですから自分にベストな光コラボやその他の光インターネットサービスを選んでもらえればなぁと思います。

ご相談・お申し込み

WEB問合せ24時間受付中!

光コラボレーションの申込み 光コラボレーションの問合せ

電話でのご相談・お申込も
受け付けております。

光相談窓口:

電話お問い合わせ:
0120-961-341

電話お問い合わせ:
0120-961-341

受付時間:10:00~21:00

SoftBank光(ソフトバンク光)の光コラボレーション Marubeni光(Mひかり)の光コラボレーション OCN光の光コラボレーション U-NEXT光の光コラボレーション So-net光(ソネット光)の光コラボレーション
ページ上部へ戻る